メニュー 〔こちらをタップ〕
  1. ホーム
  2. 診療科のご案内
  3. 脊椎センター
  4. 腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニアとは


どのような病気ですか?

 椎間板は人間の背骨にあり、骨と骨のあいだでクッションの役割をしています。背骨は頚椎(7個)、胸椎(12個)、腰椎(5個)に分けられ、その骨と骨の間の全てに椎間板が存在します。
 椎間板に負担がかかり、椎間板内部にある髄核という組織が外に飛び出して神経にぶつかった状態が椎間板ヘルニアです。
 神経がダメージを受けると腰や下肢の痛みや力が入らないといった神経症状が出現します。

原因は何が考えられますか?

 椎間板ヘルニアの原因は一つではありません。今までに報告されているものとして、20~40歳代の男性、重労働者、車の運転、喫煙などが腰椎椎間板ヘルニアになりやすい原因として指摘されています。複数の要因が合わさって発症することが多いです。

症状はどのようなものがありますか?

 代表的な症状は坐骨神経痛といわれる、お尻から太もも、足首にかけて痛みと痺れです。何番目の腰椎に椎間板ヘルニアが発生しているかで、痛みがでる場所も変わってきますが、頻度が一番多いのはお尻や太ももの裏の痛みです。その他にも足に力が入りにくさ、陰部や肛門の痺れや尿や便の出しにくさの症状がでる人もいます。

診断にはどのような検査が必要ですか?

 経過、症状、身体診察とレントゲンやMRI検査などで診断をします。椎間板ヘルニアの診断にはMRI検査が必須となりますが、MRIでは見えにくい小さいヘルニアでも強い痛みを引き起こしたりすることもあるため、MRIでも診断が難しい場合は造影剤を使った検査や、診断の目的でブロック注射などを行う場合もあります。

自然に治ることは期待できませんか?

 椎間板ヘルニアは、痛みが強く生活に影響を与えることがありますが、50~80%は手術をしなくても痛みは改善するとする報告があります。ヘルニアの種類にもよりますが基本的には数カ月で自然に吸収され消失することが多いと報告されています。
 椎間板ヘルニアの治療は、手術が第一選択ではありません。患部の安静や内服薬、ブロック注射などの保存治療と言われている方法で痛みがなくなることも十分に期待できます。
 しかし、足に力が入らなくなってしまった場合や、尿や便が出ない場合は早急に手術を行わないと、永続的に症状が残存してしまうことがありますのですぐに病院を受診して下さい。

手術以外の治療方法はありますか?

 椎間板ヘルニアでは、椎間板や脱出した髄核が神経に当たってしまい、神経に炎症が起こっていることが痛みの原因です。根本的に神経に当たっている髄核を摘出するには手術以外はありませんが、神経の炎症を抑えて痛みを軽快させる方法として抗炎症薬やステロイドの内服や注射といった方法があります。リハビリや内服薬、ブロック注射などをまず行い、それでも痛みが軽快しない場合には手術を検討します。

手術方法にはどのようなものがありますか?

 痛みが非常に強い場合や、数カ月間の保存治療を行っても痛みが改善しない場合には手術を選択します。手術の一番のメリットは、痛みを引き起こしている原因を直接取り除くことができるため、痛みを早くとることができます。しかし、当然一定の確率で合併症が起こるリスクもあるため、医師と相談して方針を決めることになります。
 手術方法は基本的には背中側からヘルニアを取る手術を行います。手術方法は顕微鏡、拡大鏡、内視鏡を使った手術など色々ありますが、何度も繰り返す場合は金属を挿入して背骨を固定する手術が必要となることもあります。

内視鏡手術はどのようなものですか?

 内視鏡手術は近年、医療機器の発達に伴い増加している手術方法です。
 現時点でもいくつかの内視鏡手術の方法がありますが、当院では侵襲の小ささと確実性の高さからMEL(内視鏡下椎弓切除術)を行っています。
 直径16mmの金属製の筒を使い手術を行うため傷口は2cm程で、手術翌日から歩行開始することができます。すべての症例を内視鏡で対応することは難しいですが、再手術例や骨折などでなければ、内視鏡手術で対応できることが多いです。
 脊柱管狭窄症をはじめ脊椎の手術について、漠然と不安を抱えている方が多いと思います。当院では、正確に細かく診断を付けることで、本当に症状を引き起こしている病変に対してピンポイントで手術を行い、身体への負担が小さい治療を提供できるよう努めています。病気について不安のある方はお気軽に受診してください。

このページのトップへ