メニュー 〔こちらをタップ〕
  1. ホーム
  2. 病院のご案内
  3. 病院の取組み
  4. 倫理委員会
  5. 臨床研究について

情報公開

特定臨床研究についての情報公開

臨床研究について

承認番号 課題名 研究参加拒否書
(同意撤回書)
倫理2024年度-008 関節リウマチ患者における結核・非結核性抗酸菌症発症の年次推移予測
倫理2024年度-007 成人呼吸器疾患患者の喀痰から検出される真菌種とその臨床的意義
倫理2024年度-005 成人の食物・食物関連アレルギーにおける新しい血清学的診断手法の開発
倫理2024年度-004 リウマチ性足趾変形に対するAkin骨切り術の効果に関する検討
倫理2024年度-003 非連結型人工肘関節における人工肘関節周囲骨折の治療の検討
倫理2023年度-041 整形外科手術後の弾性ストッキング着用によるMDRPUの発生状況に関する調査
倫理2023年度-038 小児難治性アトピー性皮膚炎の後ろ向きコホート研究
倫理2023年度-037 DASCを用いた薬剤師のAST専従化による抗菌薬使用状況への影響
倫理2023年度-034 胃癌術後に発生する嗅覚異常の臨床像と対応策
倫理2023年度-023 遺伝性神経疾患の遺伝子診断
倫理2023年度-032 ピーナッツアレルギーの自然歴の後方視的検討
倫理2023年度-029 非重症市中肺炎に対する広域抗菌薬投与の要因
倫理2023年度-024 前向き研究で収集された残血清の二次利用による乳児のナッツ類への感作の検討
倫理2023年度-021 ABPMにおけるアレルゲンコンポーネント感作パターンと疾患予後や臨床像との関係
倫理2023年度-019 脳神経内科病棟における離床機会向上計画~専門性を生かしたタスクシェアアプローチ~
倫理2023年度-018 注意喚起を文章化した転倒転落アセスメントシートの新たな活用方法
倫理2023年度-017 当院における大腸ステント留置後BTSを施行したT4大腸癌の治療成績
倫理2023年度-016 卵黄FPIES患者に対する卵白の食物経口負荷試験の検討
倫理2023年度-009 小麦の少量食物経口負荷試験が予後に及ぼす効果:傾向スコアマッチングを用いた後方視的コホート研究
倫理2023年度-003 メロペネム製剤の供給制限に伴う抗菌薬使用状況への影響
倫理2023年度-001 非重症胆道感染症における初期抗菌薬の検討
倫理2014年度-2015013005 食物アレルゲンエピトープ解析成
倫理2020年度-017 食物経口負荷試験データを用いた診療補助フローチャート・アプリケーションの作成
倫理2022年度-031 Systematic Review of Eliciting Doses for individual food allergens - Food Allergy Collaborative on Thresholds (FACT)
(食物アレルゲン毎の症状誘発閾値に関する国際共同研究)
倫理2022年度-030 呼吸器系・免疫疾患における細胞外小胞に着目した病態解明および診断法の開発
倫理2022年度-028 カバノキ科花粉関連と考えられていたGRPによるモモアレルギーの検討
倫理2022年度-026 2023年 即時型食物アレルギー 全国モニタリング調査
倫理2022年度-024 実臨床におけるアレルゲン免疫療法の選択について医療従事者が使用する基準:国際オンライン調査Criteria Used by Health Professionals on the Selection of Allergen Immunotherapy in Real Clinical Practice (CHOICE): an international e-survey
倫理2022年度-021 日本脆弱性骨折ネットワーク(FFN-J)への大腿骨近位部骨折患者の症例登録
倫理2018年度-006 実臨床におけるオマリズマブ長期使用の有効性と安全性の評価
倫理2022年度-020 ナッツ類アレルギーの診断における新規アレルゲンコンポーネントの臨床的有用性の検討
倫理2022年度-019 周産期・乳幼児期におけるクルミまたはカシューナッツの 摂取と即時型 クルミまたはカシューナッツの アレルギーの発症に関する調査
倫理2022年度-017 クルミまたはカシューナッツアレルギー患者の感作の成立時期に関する臨床的検討
倫理2022年度-015 クルミまたはカシューナッツアレルギー患者の発症および自然歴についての臨床的検討
倫理2022年度-013 定型負荷試験食を用いた食物経口負荷試験のレジストリー研究
倫理2020年度-005 日本における若年性特発性関節炎患者の現状と問題点を全国的に継続的に明らかにするための共同臨床研究
倫理2017年度-005 関節リウマチ患者における感染症、臓器合併症の頻度と関連因子の検討
倫理2022年度-004 アレルゲンコンポーネントを活用した乳児期の食物アレルゲン感作に関する研究(後ろ向き研究)
倫理2022年度-003 アナフィラキシーで受診した患者の原因食物の検討
倫理2022年度-001 アレルギー拠点病院ネットワークを活用したアナフィラキシー症例集積研究
倫理2016年度-065 アスピリン誘発時におけるアスピリン喘息患者の血漿中microRNA網羅解析に関する研究
症例報告に関する説明とお願い
倫理2021年度-037 高齢者喘息における血中性ステロイドホルモン低下と喘息難治化との関係
倫理2021年度-036 関節リウマチ・変形性関節症患者の睡眠障害を明らかにするための臨床研究
倫理2021年度-023 NSAIDs過敏喘息におけるOmalizumabからDupilumabへの切り替え効果の検討
倫理2021年度-016 心不全増悪患者に対する心血管作動薬の急性期効果
倫理2020年度-047 肝癌薬物療法のリアルワールドデータを活用したオールジャパン研究
倫理2020年度-038 日本における新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染妊婦の実態把握のための多施設共同レジストリ研究
倫理2020年度-037 脊椎手術における患者立脚型アウトカムを用いた前向きコホート研究 -多施設共同研究-
倫理2020年度-035 レセプトおよびDPCデータを用いた循環器疾患における医療の質に関する研究
倫理2020年度-014 アニサキスアレルギーにおける魚介類の摂取パターンとアレルギーイベント発症との関連に関する後方視的観察研究
倫理2020年度-006 成人甲殻類アレルギーの抗原解析
倫理2019年度-046 関節リウマチ患者における中年期から前期高齢期、後期高齢期への移行期医療に関する研究
倫理2019年度-040 慢性副鼻腔炎・鼻茸組織中における2型自然リンパ球制御機能の検証(後ろ向き観察研究)
倫理2019年度-034 神経変性疾患の発症・進行機構の解明
倫理2019年度-032 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)の病態を解析する研究
倫理2019年度-019 消化器内視鏡に関連する疾患、治療手技データベース構築(多施設共同 前向き研究)
倫理2018年度-036 関節リウマチの疾患活動性や治療により、体重、筋肉量に及ぼす影響の検討
倫理2018年度-032 免疫アレルギー疾患の病態解明に関する研究
倫理2018年度-031 種子類アレルギーにおける交差抗原性に関する研究
倫理2018年度-022 カテーテルアブレーション症例全例登録プロジェクト(J-ABレジストリ)
倫理2018年度-012 全国原発性肝癌追跡調査(NCD登録)
倫理2017年度-048 気管支喘息を伴う好酸球増多疾患における免疫細胞のExtracellular trap cell deathを解析する研究
一般社団法人日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database:JND)
倫理2017年度-036 ゴマアレルギーを誘発するアレルゲンタンパク質の探索
倫理2017年度-028 Gly m 4欠損大豆のアレルゲン性評価
倫理2017年度-009 当院リウマチ科における結核診断検査Enzyme-Linked ImmunoSpot (ELISPOT)陽性率の継時的変化の検討
倫理2016年度-015 食物アレルギー患者実態調査(診療情報の利用および血液検査時の残血清の保存利用に関する同意)
倫理2016年度-009 大脳皮質基底核変性症剖検例における臨床像の解明および臨床診断基準の妥当性検証~多施設共同研究~
倫理2015年度-2016011405 花粉抗原との交差反応により発症する食物アレルギーの抗原解析と臨床像に関する研究
倫理2015年度-2015111208 自己免疫疾患、感染症、悪性疾患における診断、疾患活動性および合併症に関わるバイオマーカーの検討
倫理2015年度-2015102213 関節リウマチ患者における悪性疾患発症リスクの研究
倫理2015年度-2015072110 食物経口負荷試験の全国実態調査に関する研究
倫理2013年度-2014031809 気管支喘息・アレルギー性鼻炎の新規アレルゲンとアレルゲンコンポーネントに関する研究
倫理2013年度-2014031816 日本における関節リウマチ患者の現状と問題点を全国的に継続的に明らかにするための共同臨床研究
倫理2011年度-2012030618 本邦における心血管インターベンションの実態調査(J-EVT/SHD)
倫理2011年度-2012030619 本邦における心血管インターベンションの実態調査(J-PCI)
倫理2009年度-2009061621 関節リウマチにおける薬剤性肺障害発症に関わる遺伝子の探索
倫理2008年度-2008121012 膠原病の発症における遺伝因子の寄与の解明
健常●

このページのトップへ